学習塾のチューターについて

ビル

学習塾に配置されているチューターは先生と生徒の中間のような存在として生徒の相談に乗ったり、先生からの指示に基づいて生徒に教科指導を行ったりといった業務を担当します。
チューターの多くは大学生のアルバイトで、その塾の卒業生が就労しているケースも多いようです。
学習塾は先生から生徒への一方的な指導を行う場所と考えられがちですが、少子化のなか、個別指導を希望する生徒・保護者も多く、そういったニーズに対応するために設けられた制度であるといえます。
生徒からの評判も良く、チューターになることを希望する卒業者も非常に多いです。
アルバイトとしても比較的高給ですし、時間の融通がききやすい仕事なので、大学生活との両立にも支障はありません。


Menu

最新情報